7/16/2019

対馬市パークゴルフ場に行ってきた【長崎】



長崎県対馬(つしま)市パークゴルフ場に行ってきました。前から何度か計画をしていたのですが,台風だったり,海上のコンディションが悪いと船がでなくて,今回やっと行くことができました。

博多港から対馬の厳原(いづはら)港まで,高速艇「ヴィーナス」で,1時間50分。レンタカーで20分ほど。

PG場は,9ホールの2つのコース(A, B)があって、18ホール。管理棟は立派で,そこから少し上がったところにAコースがあります。Bコースは,細い通路を抜けたところにあります。どちらも自然の木々に覆われ落ち着いた環境です。

A1とB1が100メートルのロングコースで,パー5になっているのがうれしいです。PG場の周りは木々に覆われていて,ボールの打つ音だけが響きます。

日本パークゴルフ協会の認定コースになっていてるだけあって,コースの設計はよくできていますが,30,30,30mというふうに同じ距離のホールが続くよりは,変化がほしいところです。

また, Aコースを終わった後,Bコースへのアクセスのために少し場所を移動しないといけないのが難点。

全体に少し土地が傾斜しているので,上りと下りで打ち方を変える必要がありますが,グリーンがマウンドになっているとか,フェンスやバンカーなどの障害もないので,どのコースも難易度は低め。初心者でも十分楽しめます。

各ホールの芝の状態はあまり良くない。グリーンだけでももう少し改良してほしい。フェアウエイとラフの区別がつかない。ただ,土地の湿度が高そうなので,芝以外のコケなどがどうしても出やすいので維持が大変なんでしょうね。

対馬を今回初めて観光しましたが,目玉の絶滅危惧種「ツシマヤマネコ」が野生生物保護センターにいるのですが,ちょうど猫の体調が悪く会えませんでした。

ただ,車でセンターの近くに来た時,道路を横切る動物がいました。センターの方にその特徴を聞いてみるとどうも「ツシマヤマネコ」だったかもしれません😍。

他に固有種の「対州馬(たいしゅうば)」を保存・放牧している所もあります。また,烏帽子岳展望台など素晴らしい景色が見れました。島の北端,南端にも行きましたが,素晴らしい景色が続きます。

ところで,対馬に行って驚いたのは,韓国からの観光客が多いこと。ホテルやショッピングセンターは潤っているかもしれませんが,どうもお行儀がよくないそうです。

素晴らしい観光地なので,日本人の観光客をもっと増やすような努力が必要ではないでしょうか。例えば,日本一のイチョウの木があるのですが,根元は綺麗に整備されていないのが残念でした。

パークゴルフ場もうまく宣伝すれば,日本人の観光客をもっと呼べるのではないでしょうか。

(対馬で1つ嫌な思いをしました。ガソリンスタンドがレンタカーを経営しているお店で,レンタカーを借りました。ガソリンスタンドだから,返却するとき他のスタンドに寄って満タンにして返さなくとも自分の所で入れることができるということでした。後でレシートを見ると,スタンドの値段よりリッター20円以上高く支払わされていました。)

今回は,やっと対馬に来れてプレーを楽しませてもらいました。ありがとうございました。


対馬市パークゴルフ場
9ホールのコースが2つ(A、Bコース)あり、全長830メートル。
 
 Aコース 420 m 
 Bコース 410 m
 
データ

○ Aコース(つばきコース)
ホール
1
2
3
4
5
6
7
8
9
合計
距離(m)
100
30
30
50
35
30
35
50
40
420
PAR
5
3
3
4
3
4
3
4
4
33

○ Bコース(つつじコース)
ホール
1
2
3
4
5
6
7
8
9
合計
距離(m)
100
45
30
30
30
40
40
45
50
410
PAR
5
4
3
3
3
4
3
4
4
33



かってな評価 
芝:   ☆☆★★★
コース: ☆☆☆★★
難度:  ☆☆★★★
景観:    ☆☆☆★★

対馬市パークゴルフ場
ホール数: 18 H(A, Bコース)
パー: 66
距離: 830 m
ロンゲストコース: 100 m
利用時間 9時~17時
定休日 火曜休み
プレー料金 (1ゲーム18H) 一般:500円 70歳以上:350円 中学生以下:300円
※パターレンタル無料

対馬市パークゴルフ場
住所 〒817-0322 長崎県対馬市美津島町鷄知乙1168−1
電話:  0920-54-3336
ホームページ:ココ


「対馬PG場」の管理棟。














料金表です。















日本パークゴルフ協会の認定証。















PG場のマップ。
















Aコース最初からうれしい100メートルのロングコース,パー5です。













A1ホールからスタートです。















A1ホールの100メートルのフラッグが向こうに見えます。













コース途中に屋根付き休憩場所がありました。















しっかりスイングして。














Aコースの向こうに温泉施設が見えます。

















Bコースへつながる道。















Bコースも周りが木々で囲まれています。













Bコース最初も100メートルのロングコースです。














管理棟に猫がいました。これはツシマヤマネコではない。














「湯多里ランドつしま」は温泉施設,プールもあります。













烏帽子岳展望台からみたGood Scenery。
















「ツシマヤマネコ」には会えませんでしたが,野生生物保護センターにあった絵です。














対馬の南西端に位置する豆酘崎からの景色。灯台が海中に立っている。











5/26/2019

鶴見緑地パークゴルフ場に行ってきた【大阪】



大阪府大阪市鶴見区にある,「鶴見緑地(つるみりょくち)パークゴルフ場」に行ってきました。ここは,1,990年に大阪市で開催された花博 (国際花と緑の博覧会)の跡地にできたもの。

公園の敷地はかなり広く,地下鉄の鶴見緑地駅で降りて向かいましたが,ちょうど公園の敷地の一番遠い側にありました。

PG場は,9ホールの3つのコース(A, B, C)があって、27ホールということですが,CコースはA,Bと少し離れた場所にある。

A,BコースとCコースに,それぞれ別の管理棟があり,Cコースでの料金はCの管理棟で支払う。用具レンタル料もコースごとに支払う必要がある。これは今まで行ったPG場で初めての経験。一度借りたら,コースが変わっても1日中OKが普通何ですが。。

「プレーで賭け事をしないこと」という注意書きがあるのが面白い。関西のPG場でしか見かけない注意書き。

AとBのコースは同じ場所にあって,ちょうどコンペがあり,かなり混雑していた。最初のホールのところに待ち順番を示すために,自分のボールを並べて置くところがあった。これも初めての経験。

敷地の周りは,木々に囲まれていて,中央にはカモがいる池があって,都会の中にあって自然を求めてたくさん人が来るのがよくわかる。これこそ,パークゴルフの醍醐味。

PG場の敷地は広くはないが,コースは狭く折りたたまれるようにうまく設計されている。後ろにも前にもプレーチームがいると,自分の方にボールが飛んで来ないかと気になる。

コースは,グリーンがマウンドになっているところが多く,ボールが行きすぎてマウンドから落ちる,いわゆる「マウンド地獄」で苦労する。また,土地の端の山側の傾斜になっているところを利用してボールの軌道を曲げないといけないようなホールもある。

また,フェアウエイ途中にいくつもマウンドや障害になる木が「いけずに」配置されている。そのため,全体に難易度は少し高めで,ベテラン好みだが,初心者でも十分楽しめるコースになっている。

しかし,芝生のコンデションは,良いとはいえない。雑草が一杯あった。フェアウエイとラフの区別がつかない。グリーンの芝の丈が揃っていず,雑草が生えていたり土が露出しているところもたくさんあった。

これまで,西日本80以上のPG場を見て来たが,芝コンデションは最下位5本の指レベル。これでは精度の良いボールコントロールや高いアベレージスコアは望めない。是非一度,この楽パクでオススメのPG場に行って比較してもらいたい。

これだけ人がたくさん利用するところなので,雑草取りの時間を設けて,やってくれた人には1回無料券を出すのはどうだろうか。30分もあればだいぶ綺麗になりそう。

特に,Cコースは芝のコンデションが悪い。横を散歩の人やカップルが通って見ているので,綺麗な芝生で賑やかにプレーしているのを見れば,やってみたいと思わせられるのにと,ちょっと残念。

以前に一度,このPG場に来るため,鶴見緑地駅まで来たことがあるのですが,大雨で諦めた悔しい経験があります。今回は,出直しでやっとプレーできて楽しませてもらいました。ありがとうございました。


鶴見緑地パークゴルフ場

9ホールのコースが3つ(A、B、Cコース)あり、全長1,052メートル。
 
 Aコース 369 m 
 Bコース 345 m
 Cコース 338 m 
 

データ

○ Aコース
ホール
1
2
3
4
5
6
7
8
9
合計
距離(m)
77
35
30
37
30
38
47
48
27
369
PAR
5
3
3
4
3
4
4
4
3
33

○ Bコース
ホール
1
2
3
4
5
6
7
8
9
合計
距離(m)
34
31
30
48
37
41
38
33
52
345
PAR
4
3
3
4
4
3
4
3
5
33

○ Cコース
ホール
1
2
3
4
5
6
7
8
9
合計
距離(m)
35
20
25
41
46
52
26
58
35
338
PAR
3
3
3
3
4
5
3
5
4
33


かってな評価 
芝:   ☆★★★★
コース: ☆☆☆★★
難度:  ☆☆☆☆★
景観:    ☆☆☆★★

鶴見緑地パークゴルフ場
ホール数:27 H(A, B, Cコース)
パー: 99
距離: 1,052 m
ロンゲストコース: 77 m
利用時間 9時30分~16時30分まで(小学生は要保護者同伴)
休場日 月曜日(休日の場合は翌日)及び年末年始
プレー料金 1人ハーフラウンド(9ホール)250円/用具レンタル150円


鶴見緑地パークゴルフ場
住所 大阪市鶴見区花博記念公園鶴見緑地内
電話: 6912-5865
ホームページ:ココ


鶴見緑地PG場のゲート
実際にはCコースのゲート
A,Bコースのゲート
右側の屋根が受付。たくさんクラブケースがぶら下がっている。自前のクラブを持っている人がたくさんプレーしている証拠。













営業時間と料金表。その下に,「賭け事」が禁止の張り紙。













順番待ちのために,ボールを並べておく。うちのは白色なので,前に3チームがいるということ。




PGのマップ。中央に池がある。












写真ではちょっと分かりづらいが,カモのひなが何匹もいた。



木々の間にPG場はある。池も向こうに見える。


さて,最初A1ホールは,ロンゲストホールで77mある。PG場ごとで素材やデザインに個性があるのが,ホールサイン。










途中に木があったり,マウンドがあったりする。







池があると,自然豊かでよろしい。
これも分かりづらいがホールの周りはマウンドになっている。

マウンドからボールが落ちるとかなり苦しくなる。
さて,よく狙って。一番大事なのは,ボールを打つ瞬間をしっかり見ること。
木々の間を抜けて行きます。
途中,座って休憩するところもある。















こちらはCコースのゲート。

A2はこのコースの最難関。傾斜の途中にホールがある。
これもイケズな設定。
鶴見緑地公園の展望台。この下に「咲くやこの花館」という国内最大級の大温室がある。






S -1, T +3





公園内にはたくさんのおしゃれなフードトラックがあった。












公園内の噴水広場。他にも遊具があったり,子供づれの人が多くいた。






5/15/2019

子供の根気を鍛える?パークゴルフ



パークゴルフというのは,北海道で考案されたゴルフに似たスポーツ。ゴルフよりも大きなボールを専用のクラブで打って,18ホールに順番に入れていき,打った回数が少ないほどよいというゲーム。

大抵のパークゴルフ場は景色の良いところにあり,緑の芝生の上でプレーするので,それだけでも気持ち良いスポーツです。

ゴルフのようにボールを打ち上げることはなく,クラブで打って転がしていきます。距離も100メートルが最長なので,子供からお年寄りまでプレーすることができる競技です。短くて軽い子供用のクラブもあります。

パークゴルフのプレー代は500円くらいで,クラブとボールを借りても100円くらい。ボーリングに行くよりずっと安くつきます。

長年やって来て,子供さんがやっている様子を観察すると,面白いことがわかります。

大抵の子供は,簡単にボールがカップに入らないので,集中力が切れて泣きじゃくったり,嫌になって止めてしまいます。

ところが,中にはタフな子供がいて,なかなかうまくいかなくても繰り返し頑張ります。そして,18ホールを全部終えることができます。

子供の集中力をあげるのに,親御さんはうまく褒めながら集中させる努力をしています。

小さな子供の時期に,集中力や根気を養う情操教育に,パークゴルフは優れていると思います。





4/09/2019

河原谷の生き物たち(5)桜満開・白いスミレも



河原谷公園の桜がちょうど満開になりました。本数は多くはないですが,毎年立派になっていきます。もう少し桜の木を植えてもらえると嬉しいです。

暖かくなって,公園には親子連れがリニューアルした大型遊具の周りにたくさんいました。

ヒバリがたくさん鳴きながら上空を飛んでいて,ウグイスもうまく「ホーホケキョ」とやっと鳴けるようになってきました。

PG場の芝生はまだ茶色いままですが,よくみると小さな緑の葉が見えてきています。枯れて乾燥した芝の上では,ボールは思った以上にに転がりますが,緑が増えてくると,転がりかたが週ごとに変化していきます。

冬に問題になっていたモグラの跡は,最近では見られなくなったので,うまく忌避させることができたのかもしれません。

芝生には,小さな紫のスミレがたくさん咲いています。その中に,白いスミレを見つけました(↓)。白いのは,変異体かと思ったら,ツボスミレという別種だそうです。















2/20/2019

PG場の大敵:モグラが出た!!



河原谷PG場で,昨年の秋くらいから芝生になぜか土が乗っているのがところどころありました。

以前にイノシシがいたことがあるので,イノシシの糞かなにかかと思っていました。

タールの匂いがするので,多分管理人の人がイノシシ避けに対策をしたように思っていました。

今年に入ってから,管理人の人に尋ねてみると,モグラだそうです。朝にくると土が盛り上がった墳丘のようになっているとのこと。それを毎朝つぶして平らにしているそうです。

モグラ避けの薬を撒いているが効果がないとのこと。

最近,新しい墳丘(モグラ塚というそうです)を見つけました。また,芝生の下にトンネルがあるらしく,そこだけ少し盛り上がっているところがあります。

今まで,たくさんのPG場に行きましたが,モグラはPG場の大敵で,かなりひどいことになっているところもありました。